著作(相続・生前対策)

内容

内容説明

早めの準備がすべてを決める

身内の死、自分の死、誰にでも訪れることではあっても、わからないことばかりで、アタフタとするのはもっともなことです。

財産をどのように子どもへ託すか、自分の気持ちをどうやって正しく遺すか、残された者がもめないためにはどうすべきか……、難しい問題です。

ポイントは早めの準備。

あらかじめ、全体像を知っておくことが大切です。

本書は、早めの準備のための本、つまり、相続の「転ばぬ先の杖」となります。

今の日本は、民法や税制などの法規制の改正、高齢化による社会の変容により、相続をめぐる状況も大きく変化を続けています。

本書は、相続の基本を押さえるとともに、「遺言書」「成年後見」「家族信託」という〝相続を支える3本柱〟を事例付きで徹底解説しています。

相続をご心配されている方たちに安心感を抱いていただくため、必携の「相続のお守り」本です。

 

目次

第1章 相続の基本

第2章 知らなきゃ損する節税対策

第3章 不動産の扱い方に要注意!

第4章 遺言書で意思通りの相続を

第5章 成年後見制度で認知症から財産を守る

第6章 家族信託で理想の相続を実現

第7章 相続が起きても慌てないために

 

著者等紹介

金子 嘉徳
株式会社フロンティアグループ代表取締役
1974年生まれ。

東京理科大学工学部中退。
米国ミズーリ大学コロンビア校卒業。
同大在学中に北京大学へ交換留学。
帰国後、日系商社及び外資系企業勤務を経て、当時東証一部上場の金融グループ企業に転職し、在職中32歳の最年少で取締役に就任。
在職中、中央大学大学院国際会計研究科(MBAコース)を首席卒業。
2008年、株式会社フロンティアグループを設立し、代表取締役に就任。

不動産事業を中心に、M&A、人材紹介など多様なビジネスを展開。
株式会社フロンティアグループでは定年退職制度を廃止して、生涯現役社会づくりを推進中。

平野 克典
司法書士平野克典事務所所長
1974年生まれ。司法書士。

早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。
米国ミズーリ大学コロンビア校留学。
トヨタ自動車株式会社、埼玉県庁を経て、司法書士平野克典事務所を開業。
県庁在職中は、独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)に出向し、主に海外企業誘致に従事する。
現在、東京司法書士会三多摩支会家事事件対策部次長

書籍URL

https://www.amazon.co.jp/%E7%9B%B8%E7%B6%9A%E3%81%AE%E3%81%8A%E5%AE%88%E3%82%8A-%E9%87%91%E5%AD%90-%E5%98%89%E5%BE%B3/dp/4862807968/ref=sr_1_1?dchild=1&qid=1617354861&s=books&sr=1-1